ライブチャット攻略法

ライブチャット攻略のポイント

キャバクラやガールズバー、風俗に行くときと同じで、ライブチャットに求めるものや最終目標は人それぞれですが、例えば、恋人同士のようにラブラブな会話をしたい、リアルで実際に会いたい、非日常的なアブノーマルなセフレをつくりたい、など人それぞれの目的があるはずです。

しかし、目的が何であれ、ライブチャット攻略のポイントは以外とシンプルです。

それは、女の子を楽しませること。

ライブチャットは、女の子が目の前に実際にいるわけではありませんが、映像と音声を通じでリアルタイムで会話をするので、リアルに目の前に女の子がいるのと同じように会話を盛り上げて楽しく会話をすることが攻略のポイントです。合コンと同じように気を抜いたら終わりです。

しかし、相手も生身の人間なので、寂しい時もあればオナニーやセックスをしたくてうずうずしている時もあります。

魅力ある男性に対しては心を開き、やがてリアルな出会いやセックスまで許す関係になるのも決して不可能ではありません。

絶対にやってはいけないチャットレディーに嫌われる行為

チャットレディーが嫌がる代表的なパターンを一覧表にまとめました。知らず知らずのうちに自分が一つでもこのパターンに当てはまっている方は要注意です。

会話が続かない

質問ばかりする

自分の話しかしない

エッチな要求ばかりする

すぐに会おうとする

個人情報をしつこく聞く

暴言を吐く

会話が続かない=魅力がないと思われます。時事ネタはもちろん、その女の子が喜びそうなネタを探すのも重要です。

質問ばかりする男性も嫌われます。
年齢は?趣味は?男性経験は?仕事は?出身は?など女の子は質問ばかりされてもつまらないだけでなく、基本的に女の子は個人情報を言いたくないと考えるべきです。

エッチな要求ばかりするタイプも嫌われます。
エッチな話題がNGとは言いませんが、いくらエッチ目的でチャットをしている女の子でも、会っていきなりエッチを誘われていい気はしません。
そこは嘘でも一般ネタから入ってタイミングを見てエッチ系にもって行きましょう。

すぐに会おうとする人も嫌われます。
上と似ていますが、女性が会ってセックスする相手を求めているとしても、いきなり誘ったら絶対に成功しません。
女心を読み、まずは「その気」にさせるのがポイントです。

個人情報をしつこく聞くタイプも嫌われます。
会ってすぐにメアドや電話番号を教える女の子はいません。
まずは名前を覚えてもらえる位までチャットに通い、ある程度仲良くなった段階で「次回の待ち合わせ」などの名目で聞くのがスマートです。

女の子に喜ばれる成功パターン

アダルトOKのサイトであれ、待機コメントがエロい女の子であれ、まずは丁寧に挨拶をし、軽い自己紹介や世間話から入るのが鉄則です。
いきなりエロ全開で話しかけると間違いなく女の子は引いてしまいます。
女の子の声のトーンや格好などをよく観察し、どのようなモードなのかを察知することが大切です。

次に、女の子との会話を盛り上げるポイントは褒めることです。
ただし、女の子も褒められるのになれているので、芸能人の○○に似ているとか漠然とした「かわいいね」だけでは逆効果です。

ライブチャットは、なんと言っても「映像」があるのですから、それを武器に、「見えるものはなんでも活用する」心構えで、髪型から服装、化粧、表情、仕草、声、口調など褒めるポイントを探すことが大切です。

そして、なにがどう可愛いのか、俺はなぜキミが好きなのか、具体的に褒めて伝えてあげることで間違いなく女の子は喜んで心を開いてくれるはずです。

このページの先頭へ